スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のブログです。

今日はヒ久々にお買いものに行ってきました。何を見ても金額が高くて低所得者には手が出ませんでした。
今度の選挙には是非皆さんで投票に行って良い社会を作りましょう
スポンサーサイト

キャピタルゲイン

経済新聞や経済ニュースをご覧になられると、一度は聞いたこと
ありますよね。「キャピタルゲイン」という言葉を。
これって何でしょう?

土地や有価証券など保有資産の値上りによる利益をいいます。
キャピタル・ロスcapital lossesに対する語です。
この価値の増加は単なる評価額の上昇を意味することもあれば、
それの売却譲渡による実現を意味することもあります。

キャピタルゲインとは、株式や債券など、保有している資産を
売却することによって得られる売買差益のことです。
例えば、株価30万円で購入した株式が、35万円になったときに
売却した場合、差額5万円(手数料・税金を除く)がキャピタル
ゲインになります。

キャピタルゲインは、株や債券だけでなく、不動産、金、
プラチナなどの貴金属を売買することでも得られる可能性が
あります。

売却することによって損失が出た場合はキャピタルロスと
いいます。

キャピタルゲインに対し、資産を保有していることによって
得られる収益(利息や配当等)をインカムゲインといいます。


日経225
FX


いろいろな注文方法

今日は、FXでの主な注文方法についてお話しましょう。

成行注文(2WAY注文)
注文時点で提示されている買値と売値確認し、その後の価格で売買する注文方法
の事です。
提示されたレートで、すぐに取引したい時に適していて、売りと買いの両方を
確認しながら注文するものになるので別名『2WAY注文』。

IFD注文(イフ・ダン注文)
順位のある2つの指値注文を同時に出し、1番目の注文が成立したら
自動的に2番目の注文が有効になる注文方法。あらかじめ、買う(または売る)
値段と売る(または買う)値段を決めたい場合に利用します。
この場合、1番目の注文が成立しなければ、第2注文も無効のままになります。リ
スク回避と利益増超の両方を考えた注文方法です。

●OCO注文(オー・シー・オー注文)
2つの指値注文を同時に出し、一方の注文が成立したら
自動的にもう一方の注文が取り消される注文方法です。
手持ちの通貨の価格が上昇した際の利益確定と、下落した際の損失限定の注文を
同時に出すことができます。
IFD注文の逆と考えてもいいでしょう。

●IFO(イフ・ダン・オーシーオー注文)
IFD注文と、OCO注文を組み合わせた注文方法です。
あらかじめ新規注文の価格を指定すると同時に、
利益確定と損失限定の決済注文を出すことができます。
こうすることで、購入から決済まで自動的に行う事が可能となります。

●期日指定注文
新規注文の際に有効期限を定め、期限満了まで注文した条件で
自動的に発注し続けるという注文方法です。
期間内に約定すれば、その時点で発注も終了し、取引条件や環境、
投資スタンスに合わせて期間を設定することができます。


みんなのFX
FXプライム
DMM.com証券

ロング、ショートって?

FX関係の情報をいろいろ読んでいると、時々ロング、ショ
ート、という言葉が目に付きます。これって何でしょう?

外国為替証拠金取引では、「買い」の方の通貨をロング、
「売り」の方の通貨をショート、と呼びます。常に何ら
かの通貨を売り、何らかの通貨を買う、という表現をする
わけですね。2つの通貨のペア間の比率の変動を取引の
対象とするから、このような表現となるそうです。
通貨のペアはUSD/JPY、EUR/JPY、EUR/USDなどと表記が
決まっており、左側の通貨を右側の通貨で売買した場合
の数値が取引の数値(=通貨レートとなり、また左側の通貨
をどう取引するかを呼称しています。
たとえばUSDを買って円を売る場合はUSD/JPYのロングと言う
んですね。

このように、あくまで比率の数値を使って取引するため、
「売り」から入ることができるのが外国為替証拠金取引
の特徴である、という言い方をされることがありますが、
実際にはなにかが売られた場合はそれとセットで何かが
買われたということであり、結局はどちらに加担するか
を売り買いの言葉で表現しているにすぎないようです。

気をつけよう、リスク!

今や一般の人にも人気のFX、でも、その裏側にはやはり
金銭取引という関係上、リスクも計算に入れておく必要
があります。
ざっと紹介してみましょう。

相場変動リスク
相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を
受ける場合がある。証拠金の何倍もの取引を行うことが
できるため、損失が預託した証拠金を超え、さらなる
証拠金を請求されることもある。

流動性リスク
外国為替は1日約300兆円取引されているが、短期間に
大量の注文を出した際は、希望した金額で取引が成立
しないリスクがある。

システムリスク
インターネットなどのシステムを通じて取引を行う際の
リスクである。つまり、証券会社によっては、毎朝、
スワップポイントをつけるタイミングで、メンテナンス
を行う証券会社がある。そして、その際、その時間帯に、
損切りの逆指値も自動ロスカットの処理も行わない証券
会社がある。そのため、その時間帯に巨額の損失が発生
する可能性がある。場合によっては、自動ロスカットが
効かなかったため、追証となることもある。このような
証券会社でデイトレード以外を行う場合は注意が必要で
ある。

信用リスク
業者が破綻などすれば客も損失を被るおそれがある。
例えば、客から委託された証拠金を、自社の資産とは
別勘定で信託銀行に信託分別管理するといった保全管理
をしていない業者の場合、破綻した際には預託していた
証拠金が戻ることは期待できない。エフエックス札幌では、
取引者が持っているポジションが強制清算されて、かつ
証拠金が返金されない事態が発生している。業者によって
証拠金の(保全)管理方法が異なるので、約款などで確認
する必要がある。また、一部分の信託保全か、または、
100%信託保全かどうか、どこの銀行に信託保全している
かも確認する必要がある。

以上、FXにまつわるリスクでした。
プロフィール

grandma

Author:grandma
そろそろ、年金生活に突入です!!

とても不安を感じます。「そこで」

本当に初心者さんのためのブログです♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
grandmaのスワップ金利目的には最適の会社
為替 資産運用 外為FX
grandmaのスワップポイントでおすすめの会社
くりっく365 121証券
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。